機能性とデザイン性に優れたつなぎ

作業着では、ボトムスのパンツに合わせて、トップスにはシャツやブルゾンなどを組み合わせるという方法もあるのですが、上下を一着でカバーできるつなぎは一枚あると非常に役立つ便利なアイテムです。つなぎにはたくさんの種類があり、素材や色の他にもデザインも豊富です。ベーシックなタイプから普段着として着てもおしゃれな細身のスタイリッシュなデザインも多く、仕事場だけでなく職場への通勤時に着ても違和感のないデザインも多くあります。仕事着であってもおしゃれをしたいという人につなぎは多く利用されていますが、デザイン性の高さの他にも機能性にも着目して選んでみるといいでしょう。季節や作業内容に合わせた機能がついていて、動きやすさの工夫がされていることも重要です。

おしゃれに見えるつなぎのデザインポイント

スタンダードタイプのつなぎであれば大きめのゆるみが特徴的ですが、いかにも作業着といった雰囲気で仕事場に着いたら着替えたいと思ってしまう人もいるでしょう。若い人にも人気のあるつなぎでは、スリムなシルエットが主流であり、細くても動きやすいようにストレット素材で作られていたり、腕を上げても生地がつっぱらないような後ろ袖付近にノーフォーク仕様が施されているものもあります。また、ポケットやボタンなどの付属品でも安っぽいプラスチックのボタンを使用せずにファスナー仕様で施されていたり、襟ではスタンドカラーとして襟を立てても着用できるなど部分的なデザインポイントにこだわっているつなぎもあります。生地では、豊富なカラーバリエーションで明るい色を選ぶこともでき、普段着でも着ることができるようなデニム生地のつなぎもあります。

快適で安全な機能がついたつなぎ

つなぎは、デザイン性だけが高くても着心地が悪ければ仕事を行うのに負担になって、作業効率を下げてしまうことにもなりかねません。日没後の夜間でも屋外で作業を行う可能性があるという場合には、反射板が付いているつなぎを選ぶといいでしょう。フォークリフトやトラックなどの車のライトにも反射するので、自分がここにいることをアピールできて接触などのトラブルを防ぐことにも役立ちます。工事現場の作業服のようないかにも安全第一でしっかりと反射板が入っているものだけでなく、ファスナーやポケット部分、切り替え部分などにさりげなく入っているものもあるので、日中でも違和感がありません。ほかにも、夏の暑い時期に着用する時には防臭加工や吸汗速乾機能が施されていると役立ちます。